ユ・ハナについて

ユ・ハナは、タレントであり女優で、アシアナ航空のモデル出身である。

ユ・ハナは、2004年、映画『ナドゥヤ カンダ』でデビュー。デビュー当時はあまり知られることがなかった。視聴率40%以上を記録した2009年のドラマ『ソル薬局の息子たち』でオ・ウンジ役をつとめてから少しずつ知られるようになっていった。2007年に中国のドラマ『 放羊的星星 』に出演したことがある。

その他、映画では2010年『東京タクシー』で主演を演じる。2011年にハンファイーグルスに所属している外野手イ・ヨンギュと電撃結婚してからは主婦業に専念。

基本プロフィール

  • 名前ユ・ハナ
  • 本名ユ・ハナ
  • 英語名Yoo Hana
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所ディディム531
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1986年03月22日(32歳)
  • 星座 牡羊座
  • 兄弟不明
  • 出身韓国・慶尚南道昌原市
  • 高校安養芸術高等学校
  • 大学中央大学校演劇映画学科
  • デビュー年2004年
  • 身長169cm
  • 体重47kg
  • 血液型O型
  • 干支 寅(とら)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

イ・ヨンギュ

ユ・ハナは、2011年当時KIAタイガーズに所属している外野手イ・ヨンギュとの熱愛説が突然流れ、二人の恋人関係が確認された。同年6月にある集まりで偶然出会い、互いに好感を持ったことがきっかけ。出会ってたったの3ヶ月でのスピード婚となった。

そのあまりの速さに「速度違反」(できちゃった結婚)ではないのかと噂されたほど。結婚後は芸能活動を中断し家庭を支えることとなった。

ユ・ハナは、夫がスポーツ選手であるため、韓国料理の資格をとったりと、主婦として内助の功を果たすことに精進している。

ユ・ハナは、結婚後はたまにイ・ヨンギュの試合に応援に来ている姿が見かけられ、様々な表情を浮かべながら夫を応援している姿が話題となった。

なし

なし

好きなタイプ

ユ・ハナは、他人には無愛想だけれど自分に対してだけは優しく、センスのいい男性が理想のタイプだと述べていた。

ユ・ハナは、二重がはっきりしすぎている男性はちょっと苦手だと話した。

ユ・ハナは、映画俳優のジョン・ジェヒョンのようなタイプが好き。後にイ・ヨンギュとの結婚に際しては「まさに彼が自分の理想の相手だ」と応えた。。

性格・パーソナリティ

ユ・ハナは、26歳という若さで電撃結婚をした。交際期間が短かったからか、結婚して子供が出来てからは、幸せながらも多くの葛藤があるようだ。

ユ・ハナは、出産後母乳育児にこだわり育児に専念する中、他に話す人も自分を評価してくれる人もいないと思うようになりうつ病にかかってしまった。自分で決めて芸能界の仕事を休んだのに、自分に対する自信までなくなってしまった時期があった。

しかし、そんな思いがこみ上げるたび、自分の今置かれた状況を受け止め、自分自身を褒めることにした。「私は自信がなくなってしまったからこの状況が辛く耐え難いんだな。」と認知することが、精神衛生上良い効果をもたらした。

ユ・ハナは、ブラウン管の中ではいつもあふれる笑顔で楽しそうに良くしゃべり、その場の雰囲気を明るくさせるのだが、家では無愛想な夫に寂しさを感じることが多いそうだ。根は優しいのだが、頑固で自己主張が強い夫に合わせようと努力しているそうだ。

ユ・ハナは、夫はほとんど家にいないし自分自身夫のチームの本拠地であり住まいのある大田市に親しい友達がいないため、どうしても息子に依存しがちだという。

ユ・ハナは、もともと沢山の人たちとにぎやかに過ごすのが好きなため、それができない寂しさを紛らわすため一人でお酒を楽しむことが多い。

趣味

ユ・ハナは、料理が得意で、韓式調理師の資格を持っている。

ユ・ハナは、スポーツ選手である夫と幼い息子の健康を支えるために食事に気を配りたくて取得したようだ。

2016年に放送されたバラエティ番組『オーマイベイビー』では、数種類のナムルからトッカルビ(韓国式ハンバーグ)を手際よく披露した。美味しく栄養のあるものを食べながらすくすくと育った息子は、夫同様野球に才能があるようだ。

しかしユ・ハナは、「息子にはプロ野球選手にはなってほしくない。どうか趣味として野球をしてほしい。」と明かした。

特技

ユ・ハナは、スポーツ選手の妻ということもあってか、運動が好きで、自己管理も兼ねて毎日運動しているという。ヨガなどで健康的な体型を維持しており、ヨガウェアを着ながら運動する姿をインスタグラムで公開したこともある。

ユ・ハナは、バラエティ番組『シングルワイフ』では、作曲家のキム・ヒョンソクの妻が、「夫が2階に行くのもエレベーターを使う。」と話すと、運動しないとだめですよと言いながら、「それじゃ指だけがスリムになっていくでしょうね。」と言い妻ににらまれた。

デビュー前の経歴

ユ・ハナは、安養芸術高等学校に続き、中央大学校演劇学科と、演技を体系的に勉強してきた女優である。

ユ・ハナは、アシアナ航空のモデルとしても活動した。 小学校6年生まで馬山に住み、15歳になると自分芸能人になりたいという夢が確固たるものとなり、デビューを目的にソウルへ一人上京した。

ユ・ハナは、ソウルで一緒に暮らしていた伯母が1年足らずでアメリカに留学に行ってしまい、16歳からは一人で下宿をしていた。勉強も怠らなかった。成績表の内容は、両親にとって娘ががんばっているという唯一の証拠であった。

ユ・ハナは、落ち着きがない性格だったため、その間様々なトラブルを起こしたこともあったが、両親をがっかりさせてはいけないという思い一つで、何でもベストを尽くし女優となる夢をかなえるために努力した。

メンバー・周囲からの評価

ユ・ハナは、結婚当時はイ・ヨンギュの所属チームである光州に新居を構えていたが、ユ・ハナにとって光州は未知の地であり、これから生まれてくるであろう子供の教育のことなどの懸念があったが、実際に2013年には光州よりは首都圏に近いハンファイーグルスに移籍した。この移籍によりイ・ヨンギュのファンたちが彼に対する失望と怒りをあらわにし、ユ・ハナのブログにも様々な悪口を書き込み、ブログを一時閉鎖する事態ともなった。

2015年7月、ユ・ハナが息子と一緒にスタジアムへ行ったときのイ・ヨンギュのフォアボールについてインスタグラムにのせた記事が論争となった。相手の選手が故意に死球を投げたというニュアンスで書かれていると問題になり、その記事は削除された。これについて多くの野球ファンたちは、「気持ちは分かるがなぜSNSにそんなことを書くのかあまりにも軽率だ」とブーイングだった。

ユ・ハナは、2010年半ばからはSBSトーク番組『シングルワイフ』にゲストとして出演し、様々な本音を吐露した。
イ・ヨンギュのことを心から愛し、生まれ変わっても絶対に今の夫と結婚すると断言するなど、イ・ヨンギュに対する愛情をアピールしながらも、離婚を考えた時期も合ったと告白した。でもその悩みは誰にも打ち明けられず、一人占いに通う日々が続いた。しかしどの占い師も口をそろえて「2人はお祓いをしても絶対にうまくいかない。だめだ」と言われ続けたそうだ。
しまいには「自殺や服毒に気をつけろ」とまで言われたのだが、それでもイ・ヨンギュと死ぬまで一緒に暮らしいと思い直すようになった。占い師の忠告を、「自分のご先祖様が心配してくれているように感じ、これからまた初心にかえって家族で力を合わせて生きていこう」と自分自身に誓ったのだという。

整形の噂

なし

好きなアーティスト

不明

尊敬する人

ジャン・ジェヨン

Instagram・Twitterアカウント

ユ・ハナの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

ユ・ハナの掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: