中野郁海について

中野郁海は、チーム8鳥取県代表のアイドルである。2014年に、チーム8のメンバーとして、お披露目された。同年8月、チーム8の1stステージ『PARTYが始まるよ』SKE劇場出張公演で、劇場公演デビューをした。

2015年から2018年まで、チームKを兼任していた。「47の素敵な街へ」「制服の羽」「あまのじゃくバッタ」ではセンターを、「汚れている真実」では、坂口渚沙とダブルセンターを務めた。

2018年から始まる新体制でも、チームKを兼任する。ニックネームは、「いくみん」である。

基本プロフィール

  • 名前中野郁海
  • 本名中野郁海
  • 英語名Ikumi Nakano
  • 性別
  • 国籍日本
  • 所属事務所AKS
  • 所属グループ AKB48 
  • 生年月日2000年08月20日 (17歳)
  • 星座 獅子座
  • 兄弟弟2人
  • 出身日本・鳥取県
  • 高校不明
  • 大学高校生
  • デビュー年2014年
  • 身長166.6cm
  • 体重不明kg
  • 血液型不明型
  • 干支 辰(たつ)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

いない

中野郁海の交際や彼氏・彼女に関する噂や報道はない。

好きなタイプ

不明

性格・パーソナリティ

中野郁海は表情が豊かである分、気持ちが顔に出やすいタイプである。泣き虫で、短所は体力がないところだという。

趣味

中野郁海の趣味は、ダンスである。いろいろな役ができるという理由で、演劇も好きである。

特技

中野郁海の特技は、ダンスと1人カラオケである。よく歌うのは、AKBグループの曲である。また「津軽海峡冬景色」もよく歌っており、大西桃香に聞かれたことがある。

デビュー前の経歴

中野郁海は幼い頃、セーラームーンに憧れており、幼馴染と2人で、悪さをする男子に「月に代わってお仕置よっ!」と言っていたそうだ。3歳頃から、演劇やミュージカルを見ており、ドラマにも出たいと思っていた。

小学2年生の頃、初めて地元のミュージカルに出演した。翌年からは、少し離れたところにある、ミュージカルの教室に通うようになった。チーム8に加入するまで、ミュージカルは続けていた。

友達とAKBの話をしていたときに、「チーム8、受かるんじゃない?」と言われ、オーディションの存在を知った。「全国の人と友達になりたい」という思いもあり、オーディションに参加した。

メンバー・周囲からの評価

中野郁海は宮里莉羅からは、「ダンスが上手くて、丁寧に教えてくれるところ、悩んでいたらすぐ寄って来て、心配してくれるところ、思いやりがあるところが長所だ」と言われている。

AKB48の劇場支配人である、細井孝広からは「色々と辛いことも経験して、大人になりました。客前に立った時の度胸は相変わらずで、頼もしい限りです」と評価されている。

整形の噂

なし

好きなアーティスト

不明

尊敬する人

中野郁海の尊敬する人は、松井珠理奈である。

Instagram・Twitterアカウント

中野郁海の応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: