ジコについて

ジコは、グループでリーダー、ラップを担当している。作詞、作曲、プロデューサーも任されており、Block Bのアルバムはすべてジコが携わっている。

ジコの2歳年上の兄は元SPEEDメンバーのテウンであり、人気ラップ番組『SHOW ME THE MONEY4』では審査員と参加者として共演していた。また同番組では、WINNERのソン・ミンホが準優勝を果たしているが、ミンホは元Block.Bの候補生であり、ジコとはパッキョン含めて長い練習生時代を過ごした仲間。

ジコは多彩な才能からソロシングル曲を多数公開しており、音源公開のたびに、各音楽サイトで1位を記録するほど話題になっている。また、ジコ名義だけでなく、Dynamic Duoなどのフィーチャリングに参加もしている。

基本プロフィール

  • 名前ジコ
  • 本名ウ・ジホ
  • 英語名ZICO
  • ニックネーム・あだ名ジアコ
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所KQエンターテイメント
  • 所属グループ Block B 
  • 生年月日1992年09月14日 (25歳)
  • 星座 乙女座
  • 兄弟
  • 出身韓国・ソウル特別市
  • 高校ソウル実用音楽高等学校
  • 大学キョンヒ大学校
  • デビュー年2011年
  • 身長182cm
  • 体重65kg
  • 血液型O型
  • 干支 申(さる)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

ソリョン(AOA)

2016年5月12日に『Dispatch』が、AOAのソリョンとジコの熱愛を報道。ソルヒョンは、A宿舎から出てきて、しばらくすると黒のポルシェが到着し助手席に乗り込み、ジコが運転する高級セダンの車で2人は漢江に向かったとした。

2人の本格的な出会いは2015年3月以降からと伝えられており、『Dispatch』が熱愛報道を出した8月に、双方の事務所が熱愛を認めた。

しかし、熱愛報道の1ヶ月後の9月27日、韓国の複数のメディアがジコとソルヒョンの破局を報道した。

事務所はこれに際して、「8月の熱愛報道以来、周りの過剰な関心がプレッシャーとなり、2人の関係が自然と疎遠になったようだ」と報道し、ジコの所属事務所のセブンシーズンズも「プライベートなので理由については知らないが別れたことは事実」と認めた。

好きなタイプ

ジコの好きな女性のタイプは、太ももがしっかりしていて、綺麗な足の女性。また、ストレートロングヘアーが似合う女性で性格はおもしろい人である。

さらに、バラエティ番組では、「健康的な女性がいい。ヘルストレーナーのような方だ」と自身の理想の女性について言及した。続けて、日頃からネットサーフィンして写真を閲覧していることを明かしたジコは、「女性のSNSを閲覧した際に「ハートを押したんじゃないかと思って気をつけて見ている」と明かした。

性格・パーソナリティ

時にはハードなビジュアルで派手なタトゥーも入っているジコ。見た目はやんちゃで悪ガキなイメージだが、周りも認める「超」がつくほどの真面目人間である。

ジコのトレードマークとも言われているタトゥーにも大きなこだわりが詰まっている。胸元に大きく「John the Apostle」の文字のタトゥーを入れているが、これはキリスト教徒であるジコの洗礼名である。それと共にジコのお母さんの顔のタトゥーが入れられている。

自分が信じる者への忠誠を誓うジコは、インタビューで普段も楽曲作りのためにほとんど遊ぶことをしないと語るほど、ストイックな一面を持っている。

また、ラッパーとして数多くの先輩ラッパーたちから実力を認められているジコは、多くのレジェンド級のラッパーたちからコラボを提案されるものの、今はそれを全て断っている。理由は、先輩ラッパーたちは自分のことを認めてくれているが、自分はまだその先輩たちとコラボ出来る実力がないと自分自身を認めていないからである。
完全主義者で妥協を許さないジコの真面目さは、仕事でも決して妥協を許さないというストイックさを生み出している。

趣味

ジコは、ベアブリックを集めてることが趣味である。たくさんのベアブリックをコレクションしている。

友人がいたずらで、一番お気に入りだったベアブリックに鼻くそを付けて帰ったとき、ジコは怒っていた。

そのほかにも、おもちゃが大好きで動物のフィギュアも好きである。そのような子どものようなかわいらしい一面もあるが、なによりも音楽と携わっていることが趣味である。打ち上げがあっても、途中で作業室に戻ると言い残し1人で帰宅し、プロデューサーとしての作業に取り掛かるほどである。

特技

映像配信アプリ「V」で放送されたのバラエティ工作所「能力者たち」で、Block B各メンバーが自身の特技をアピールしていた。その際に、ジコが披露した自身の特技は「速読」であった。

ジコは、自身満々に「理解が早いのではなく、ただ文章を声に出して早く読むことができる」 と、速読に対し自信をみせた。その為、実際に検証する祭、ジコとユグォンが速読対決をしたが、結果はユグォンが30秒がかかったのに対し、ジコは16秒ですべての文を読み上げメンバーたちを驚かせた。

デビュー前の経歴

ジコは、中国、カナダ、日本に留学経験のあるメンバー。日本の留学期間は、中3から高2までの3年間で、新大久保に住み、美術と音楽の勉強をしていた。

芸名のジコは日本に留学していた時のあだ名である。理由は、留学時代に「〇〇子」と名前を付けることが流行っていた為である。

ジコは元SM練習生で、SHINeeの初期メンバーという噂があったが、「非常に短期間で練習生と呼べないくらいだった」と釈明しネット上の噂を否定している。

アマチュア時代は、メンバーのパッキョンとBTOBのミニョクと組んで活動していた。芸名はナクソ。デビュー前に「Mixtape vol. 1」のアルバムでソロデビューしている。

デビュー前から喘息、ヘルニアなどの虚弱体質で現在でもいろんな薬を飲んでいる。さらに、喫煙者だという噂があったが、タバコは一度も吸ったことがない。

また、ジコはキリスト信仰学校に通っていたこともあるキリスト教信者である。責任感のなさに自信をなくし、リーダーを辞めようと思ったことがある。

メンバー・周囲からの評価

ジコはメンバーのパッキョンと小学生の頃からの友達である。しかし、パッキョンは勉強ばっかりするガリ勉で、ジコは美術をしていたから、子供の頃はこんなに長く一緒に音楽活動をするなんて思わなかったと語っている。

パッキョンのデビューの時は、ジコが直接会社に掛け合い、一緒のグループでデビューしたいと言ったほどである。

そんなエピソードをインタビューの際に聞いたパッキョンは「それでなくとも、自分はデビューしていたと思う」と答え、笑いを誘っていた。

整形の噂

なし

好きなアーティスト

マーク・ロンソン

尊敬する人

god、ソテジワアイドゥル

Instagram・Twitterアカウント

ジコの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

ジコの掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: