高橋 ひとみについて

高橋ひとみは、1979年、17歳の時に出演した寺山修司演出の『バルトークの青ひげ公の城』でデビューしてから現在に至るまで、長く女優としてのキャリアを積んできた。

デビューは舞台だったが、それ以降、映画、テレビドラマ、バラエティーなど幅広く活躍している。舞台デビューの翌年1980年には『上海異人娼館 チャイナ・ドール』で映画デビューを果たした。そして、1983年に舞台デビューの演出をした寺山修司の推薦で、テレビドラマ『ふぞろいの林檎たち』に出演しその名を広めた。そしてそれ以降、主にテレビドラマを中心に出演している。

基本プロフィール

  • 名前高橋 ひとみ
  • 本名高橋ひとみ
  • 英語名Hitomi Takahashi
  • 性別女性
  • 国籍日本
  • 所属事務所ホリプロ
  • 所属グループ 日本人・日本の俳優 
  • 生年月日1961年08月23日 (57歳)
  • 星座 乙女座
  • 兄弟
  • 出身日本・東京都
  • 高校頌栄女学院高校
  • 大学進学せず
  • デビュー年1979年
  • 身長166cm
  • 体重非公開kg
  • 血液型AB型
  • 干支 丑(うし)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

寺山修司

高橋ひとみのデビュー作となった舞台『バルトークの青ひげ公の城』の演出をした寺山修司との関係が当時に話題になり、寺山の「秘蔵っ子」とまで呼ばれていた。かなり年上だった寺山修司が数年後に亡くなってからも、寺山直筆のラブレターがいくつか公開されたという。高橋本人は恋愛関係というより「親以上の存在」だったと主張している。

『ふぞろいの林檎たち』のキャスティングでは寺山が自身のコネを活かし、親友でもあるドラマの監督に高橋を推薦したという経緯がある。

外資系企業の一般男性

2013年に高橋は一般男性と結婚した。付き合ってわずか2か月で結婚したことが大きな話題になった。

高橋は夫の優しい性格や背の高さが好きだと言っている。夫が常に紳士でいてくれて手伝ってくれていること、出かけるときは必ず手をつないでくれていることなど、幸せを語っている。

その一方で、二人の間で課題となっているのが高橋の酒癖で、夫からは禁酒令が出ている。そして高橋本人はその点について不満を抱いている。

好きなタイプ

高橋ひとみの好みのタイプは、背が高い人、手がきれいな人である。過去に付き合った男性の大半は年下の男性だった。

性格・パーソナリティ

高橋ひとみはクールなイメージが強いが、実際はおっとりした、性格のよい人物である。高橋自身は「自分にはマイペースなところがあって、それが強みになるときがあれば、短所になるときもある」と言っている。清潔さにこだわるところがあり、入浴、掃除や洗濯などが好きである。

酒癖が悪く、お酒を飲むと性格が変わり、「みゆき」という別人格が出たり、赤ちゃんの声で人に甘えたりするという。

趣味

高橋ひとみの趣味は、お酒を飲むことで特にワインが好きである。ワインを飲むときにはドライな白ワインやシャンパンを選ぶ。併せて食べることも好きで、好きな料理はイタリアンである。

それ以外には、犬が好きで家にも一匹を飼っている。SNSにもよく愛犬の写真をアップしている。犬と散歩するのが好きで、第一の運動手段でもあるという。

他にもショッピング、車の運転(愛車はポルシェ)、絵画、スキー、スノーボードなど、多くの趣味を楽しんでいる。

特技

高橋ひとみの特技はスポーツで、運動神経には自信があるという。

その他には、たくさん食べること。早起きすることが得意である。

デビュー前の経歴

東京出身で、中学校から高校まではバレーボール部に所属していた。

キリスト教系の頌栄女子学院高校を卒業後、大学に進学せず、女優として活躍している。

メンバー・周囲からの評価

酒癖の悪さを夫から指摘されている。

整形の噂

なし

好きなアーティスト

情報なし

尊敬する人

寺山修司

Instagram・Twitterアカウント

高橋 ひとみの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

高橋 ひとみの掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: