シン・ドンウ

韓国の俳優・韓流スター

シン・ドンウについて

シン・ドンウは、8歳で子役デビューし、10歳の時に『エデンの東』で、主人公(ソン・スンホン)の幼少時代を演じ、注目を集め、新人賞を受賞した。

当時11歳であったドンウは、「江原道(カンウォンド)太白(テベク)の炭鉱村で、苦労したことが、記憶に新しい」と話す。そして、『製パン王キム・タック』で、ク・マジュン(チュウォン)の子供時代を演じ、世間に顔を知らせた。

『花じいさん捜査隊』でのチェ・ジニョクの少年時代役など、子役として活躍した。近年は、バラエティー番組でも活躍している。

基本プロフィール

芸名 シン・ドンウ (Sin Dongoo)
本名 シン・ドンウ (Sin Dongoo)
国籍 韓国
性別 男性
身長 174cm
体重 57kg
血液型 A型
誕生日 1998年11月25日 (24歳)
干支
星座 いて座

所属

参加グループ
事務所 アンニュンミュージック

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

シン・ドンウに、イ・スミンとの熱愛説について尋ねると、「正直初めて会ったときは、そうゆう感情はあったけど、時間が経てば経つほど、だんだん気持ちがフラットになっていった。今では、ビジネス関係になってしまった」と語った。

いつかは去らなければならない『ボニー』の座については、「個人的な予想は、成人までではないかと思うが、慎重に考えて見ないと分からない。しかし、制作陣の方は『軍隊に行くまでしろ』と言う。最後のオープニング時には、断髪式をしようと思う」と、笑顔を見せた。

好きなタイプ

シン・ドンウは、女優のパク・ボヨンが理想だという。「ボヨン姉と、どこか作品で会えたらいいな」と話した。

性格

シン・ドンウは、EBSで放送した『ボニーハニ』を担当していた。

歴代10代目のボニーハニが、進学準備を理由に、下車する事がしばしばあったが、ドンウはセンター試験前日にも、『ボニーハニ』を進行し、さらにはセンター試験当日にも、試験が終わるやいなや、放送局に来て、クロージングに参加までした。

『ボニーハニ』に対する情熱と愛着が、とてもあるようである。

趣味

シン・ドンウの趣味は、ギター演習である。

デビュー前の経歴

シン・ドンウは、ソン・スンホン、チュウォンなど、大物俳優の子供時代を演じながら、役者になるという夢を育てた。

2008年に放送された、MBCドラマ『エデンの東』で、主人公イ・ドンチョル(ソン・スンホン)の子供時代を演じ、新人賞を受賞した。当時11歳であったドンウは、「江原道(カンウォンド)太白(テベク)の炭鉱村で苦労したことが、記憶に新しい」と話している。

そして、『製パン王キム・タック』で、ク・マジュン(チュウォン)の子供時代を演じ、顔を知らせた。ドンウは、「『製パン王キム・タック』は、あまりにも人気が高かったので、町でよく気づかれました。でも『製パン王キム・タック』で見せた自分の姿は、気に入っていません。『エデンの東』を撮ったときは、江原道太白の炭鉱村で、すごく苦労しました。うちの母も、太白まで夜道を運転してくれて、一緒に苦労しました。その作品で苦労した分、賞も頂けて、今でも記憶に残っています」と語った。

ドンウの夢は、そのときから今でもずっと、俳優である。

出身・家族・学歴

高校 翰林芸能芸術高等学校

周囲からの評判

シン・ドンウは、過去に放映した『プアム洞復讐者たち』で、チョン・ヨンジュが演じたジュ・キリョンの息子、ファン・ジョンウク役として、熱演した。

記者とのインタビューで、チョン・ヨンジュは「ドンウを見ながら、むしろ学ぶことが多かった」と話した。また、「ドンウは『ママ、最近メンタルが揺れる。一生分の悪口を言われているようだ』と話しているようで、大変な思いをしているが、あまりにも演技をうまくしたからだ」と、ドンウの演技力を賞賛した。

またドンウは、EBSで放送した『ボニーハニ』と、JTBCで放送していた『柚子式の幸運』の新コーナーである、好意を持つ教室で、担当を務めた。

ファンたちは、ドンウをショー以降も、また見ることができると、喜んでいるという。2015年以降は、『ボニーハニ』で見せてくれた、狂った進行力でのイ・スミンと共に、再び注目されている。

整形

なし

公式サイト・SNS